御予約|RESERVATION
ホームインフォメーション河北新報創刊120周年特別企画「ニュースペーパーレストラン」発刊を記念したウェディングメニュー「二人のStories レストラン」

ウエディング

河北新報創刊120周年特別企画「ニュースペーパーレストラン」発刊を記念したウェディングメニュー「二人のStories レストラン」

新聞記事をレシピにして料理をつくる。

河北新報社(仙台市)は創刊120周年を記念し、7月21日に特別企画「ニュースペーパーレストラン」(別刷全16頁)を発行しました。

「地元から、日本中から、世界中から旬の情報を目利きし、編集したものを、温かいうちに毎日届ける」ことを続けてきた河北新報にとって「記者は料理人であり、新聞は料理だと例えられるかもしれない」。

そこで、河北新報創刊から120年分の記事の中から思い出に残っている記事・ニュースを募集、その新聞記事をレシピにして作る料理をお召しあがりいただくのが「ニュースペーパーレストラン」。たくさんの情報が溢れ、一つ一つの情報について深く考えることが難しい時代に、情報を深く味わうことの大切さについて考えたい。そんな新聞の思いが込められた企画です。

多数の応募から4組の読者を仙台ロイヤルパークホテルにご招待。「1年分の記事をレシピにしてつくった一皿」、「1日分の記事をレシピにしてつくった一皿」、「思い出の記事でつくった一皿」という3皿で構成された特別コースをお召しあがりいただきました。

記事の解析を担当されたのは東北大学大学院情報科学研究科の乾健太郎教授。その言葉から4組の読者のためのレシピを考案し、特別コースに仕上げたのが仙台ロイヤルパークホテル総料理長池田一之です。

ご招待者は、料理を味わいながら「あの年、あの日、東北は、日本は、世界は、どんなだったのだろう」と想像を膨らませ、自分の思い出の記事と出来事に思いを馳せていました。

YouTubeで動画も公開しております。おじいちゃんが載った新聞記事の切り抜きが繋いだ、孫とおばあちゃんの絆。お二人の感動のストーリーをご覧ください。


お二人のこれまでをウェディングメニューに。「二人のStoriesレストラン」オープン。

河北新報社と仙台ロイヤルパークホテル総料理長池田一之のコラボ企画「ニュースペーパーレストラン」発刊を記念して、ホテルが提案する新しいウェディングメニューが「二人のStoriesレストラン」です。

総料理長がお二人の生い立ちやナレソメをヒアリングしてウェディングメニューを考案。 二人のStorieが沢山詰まったメニューが完成します。 結婚式当日は、唯一無二の二人だけのレストランに。 お招きしたゲストも昔を懐かしみ、思い出話に花が咲く。 特別な演出はいりません。お料理自体が、素敵な演出に!!

本当に親しい方々だけを、「二人のStories レストラン」に招待しませんか?
掲載の写真は実際と異なる場合がございます。
OFFICIAL ACCOUNT
〒981-3204
仙台市泉区寺岡6丁目2番地の1
TEL. 022-377-1111(代表)
[ アクセス ]
PAGE TOP